会社設立のデメリットとは

会社設立をするメリットはいろいろあるのですが、デメリットもいろいろあることは頭に入れておかなければならないでしょう。

よく利用されている大阪の税理士に注目が集まっています。

まず、従業員を雇うと社会保険に加入しなければならないことが挙げられます。

滋賀の税理士を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

実際には従業員が支払うことになりますが、会社も一部を負担しなければなりませんから、この分がキャッシュフローを圧迫します。従業員が支払う分と会社が支払う分を合計すると、だいたい給与の3割弱くらいになります。

大阪の会計事務所について詳しく説明しています。

次に、法人税の均等割を支払わなければならないことが挙げられます。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12125338147

法人が存在していれば、法人の規模に応じて支払わなければならない税金が発生します。

期待できるhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1187396576情報を簡単に請求できます。

規模に応じて支払うことになりますから、利益とは関係がありません。

ですから、赤字になっていても税金を支払わなければならないというデメリットがあるのです。最低の税額は7万円ですから、最低でも7万円は支払っていかなければならないというデメリットがあるのです。


会社設立をすれば、会社の利益から給料をもらうことになりますが、これは役員報酬として受け取るのが一般的です。

http://girlschannel.net/topics/1158908/2/についてお答えします。

役員報酬を節税のために用いるのは一般的なことなのですが、この場合、1年間は金額を変更できないというデメリットがあります。
所得を増やしたいと思っても、会計年度の途中で変更することはできません。

変更できるようにするためには、定款でその内容を定めておかなければならないなど、会社設立をすればいろいろな手続きでも面倒なことが多いのです。


関連リンク

会社設立をするメリットは

会社設立をするメリットの中で最も大きいものは信用度が高くなることです。個人で事業を行っていても、信用されないことがあります。...

more

会社設立に向けての準備について

将来は起業しようと思ってサラリーマンを続けている人や、個人事業主として営業しながら将来は社長を目指そうと思っている人はたくさんいると思います。このように考えていれば、会社設立をするタイミングは突然訪れるものです。...

more
top