会社設立によって節税する

所得が増えてくると納めるべき税金の金額が大きくなってしまい、それが経営の負担になることもあります。

個人事業主として経営をしている人なら、税金を少しでも安くしたいと考えるのは自然なことです。
そのための効果的な方法の一つが会社設立です。



会社設立をすることによって税金を安くできるケースが多く、これを目的として会社設立をする人も多くいます。



個人事業主と会社とを比較した場合、経費として認められるものの幅が異なります。



会社の方が経費と認められるものが多くあります。
そのために、同じだけの売り上げがあったとしても、会社の方が利益は小さくなり、それによって納めるべき税金の金額を小さくすることができるケースが多いです。



また、収入を分配できることも大きなメリットだと考えられます。
個人事業主の場合、収入はすべて個人のものとなりますが、会社設立をすれば、利益を役員報酬として個人に渡すとともに、会社の利益として内部留保することもできます。これをうまくバランスをとっていくことによって、税引き後の利益の総計を最大化することができます。



税金対策として会社設立をする場合、税務の知識が必要となってきますから、多くの人は税理士にいろいろな処理を依頼しています。

税理士に依頼をすれば報酬を支払わなければなりませんが、報酬を支払ったとしても節税によるメリットの方が上回るケースが多いですから、やはりメリットは大きいと考えられるのです。



関連リンク

会社設立をするメリットは

会社設立をするメリットの中で最も大きいものは信用度が高くなることです。個人で事業を行っていても、信用されないことがあります。...

more

会社設立に向けての準備について

将来は起業しようと思ってサラリーマンを続けている人や、個人事業主として営業しながら将来は社長を目指そうと思っている人はたくさんいると思います。このように考えていれば、会社設立をするタイミングは突然訪れるものです。...

more
top